英語ヒアリング勉強法・教材


ロコモーティブメソッド「24Days English」のホームページには、島田勝弘さんに寄せられた体験談が紹介されています。



カタコトの英語でも十分意志の疎通はできるんです。

今では、お客様とも楽しく英語で会話ができるようになりました。

まさか自分の口から英語が出てくるなんて、つい数カ月前なら夢にも思っていませんでした。

効果のあらわれかたにとても驚いています。



こうした声にあるように、

英語のコミュニケーションでは冒頭部分さえきちんとしていれば、

その後に続く語順がバラバラになっていても、かなり高い確率で会話が成立してしまいます。


つまり、英会話には、読み書きの勉強だけではわからない、コツというものが存在し、

そのコツを知り、使いこなせるかどうかが、英語習得スピードを大きく左右することになります。




画像

暗記力や理解力など頭の良さを問われる勉強法はやめて、最低限の英単語だけでネイティブと会話できるコツを身に着けるにはこちら





英語の発音も上達する学習法

島田勝弘さんのロコモーティブメソッド「24Days English」は、

アルフォンス文法という、文法を完全に無視したやり方で語学習得を目指すやり方がもとになっていて、

英語の冒頭に出てくる「主語と述語」にだけ注意を払うことで、英会話ができるようになってしまいます。


ネイティブ同士がめちゃくちゃな文法で会話が成り立っているのも、冒頭部分で相手の言いたいことをほぼ把握できてしまうからで、

あとは、様々なシチュエーションでの応用例を見ていけば、英会話力がどんどんアップしていきます。



あなたも、24個の重要な文型を1日1個ペースで覚えていけば、

今までのように無駄な時間を英語の勉強に費やしていしまうことなく、↓のようになることができます。




ネイティブのニュアンスのある話し方が理解できる

英語習得に挫折することがなくなる

■どんな質問にも自信を持って質問に答えられる

英会話で無駄な知識を覚えることがなくなる



画像

暗記力や理解力など頭の良さを問われる勉強法はやめて、最低限の英単語だけでネイティブと会話できるコツを身に着けるにはこちら